企業情報 | 社会奉仕活動

ホーム企業情報 > 社会奉仕活動

社会奉仕活動

自然豊かな鳥取県日南町に、自社の田んぼ‘エースファーム’。CO2削減にも貢献しています。

日本の未来のために、山間部の農家をサポート

エースでは、オーナー制度を通じて、自然豊かな山間部、鳥取県日南町にエースファームとQUEEN EYES FARMを設立しました。都市部にある企業が高齢化と過疎化が深刻化する山間部の農家の米作りをサポートしようとする試みです。

「エース米」

エース米

エース米

「QUEEN EYES FARM米」

QUEEN EYES FARM米

QUEEN EYES FARM米

こだわりの米

環境に配慮した「海藻有機肥料」を使った低農薬栽培による米作りを通じて、顔の見える相手からの安心安全の食の提供や自給自足など、いままさに日本の農業や食が抱える課題に取り組み、貢献しています。

また、CO2削減にも貢献、2050年の低炭素社会の実現を目指しています。

リンク先:http://suiden.jp/

高橋秀紀さん

肥沃な大地、清らかな水、昼夜の寒暖の差と米作りに最適な条件が揃った日南町でのこだわりの米作り。エースファームとQUEEN EYES FARM生産者高橋秀紀さんは、第10回日野川源流米コンテストで奨励賞を受賞されました。

農繁期レポート

農繁期レポート

農繁期レポート 2015年最終号[PDF:419KB]

今月は晴天が多く生育も順調で、稲穂も膨らんでこうべを垂れてきました。この時期は水管理が作業の中心ですので穂が出る直前から水が常に十分にあるように毎日調整します。 稲刈りまであと一か月、台風などの災害が無いことを願いながら日々管理をしています。

農繁期レポート 2015年7月号[PDF:424KB]

梅雨が明け暑い日が続いています。今は草刈り作業が主な仕事です。天気も良好で稲も先月に比べてだいぶ大きくなりました。出穂に向けて茎も膨らんできています。8月の初めころには穂が出始め、お盆までには出揃う予定です。

農繁期レポート 2015年6月号[PDF:402KB]

田植えから1ヶ月経ち、稲も順調に生育しています。稲によく似た植物のヒエがこの時期生えてくるので除草剤を散布して対応しています。除草作業も終わり、今はお米の味を大きく左右する水の管理と周辺の草刈りに精を出しています。

農繁期レポート 2015年4月~5月号[PDF:436KB]

今年は例年より一週間ほど遅く、5月15日に田植えを行いました。天候にも恵まれ順調なスタートです。 最近になり稲もしっかり根を下ろし、少しずつ緑色が濃く成って来たように感じます。現在は圃場の見回りをしながら水の管理を行っていますが、これからは周辺の草刈りと、水田の除草作業が主な管理に成ります。秋には、おいしいお米がお届け出来るよう頑張ります。

農繁期レポート 2014年最終号[PDF:454KB]

今年の米作りはハプニング続きでした。田植えは強い雨風に遭い、田植え機の車輪が外れ稲刈りはあと少しで終わるところに大雨に遭い、稲がコンバインに詰まったりと印象に残る1年となりました。 今年は肥料設計が良かったのか近隣の田んぼよりも少し早く収穫適期を迎え粒ひとつひとつがふっくらと美味しそうで未熟米や被害粒が少なく、出来は良かったです。

農繁期レポート 2014年8月号[PDF:490KB]

8月に入り雨の日が続き、晴れ間がほとんどありませんでした。日照不足が心配されます。カメムシなどの害虫防除を行うのに、良い日が無く苦労しましたが、なんとか全ての作業を終了しました。これから収穫までの間、周辺の草刈りや田んぼの排水を行いながら、最後の管理を行います。おいしいお米をお届けしますので、楽しみにお待ちください。

農繁期レポート 2014年7月号[PDF:357KB]

中干しも終わり、7月11日には食味向上の為に追肥を行いました。いよいよ秋に向けて水の管理を行っていきます。今年は出穂期が少し遅れているように思われますが、特に自然災害もなく順調です。

農繁期レポート 2014年6月号[PDF:341KB]

梅雨に入りやや気温も低く稲の成長が遅いように思います。6月2日に除草剤を散布しましたが今年はひえが少なく安心しています。この調子で行けば基準以下の農薬使用量で済みそうです…

農繁期レポート 2014年4月~5月号[PDF:309KB]

田植えは予定通りに終わり、現在は草刈りが日課となっています。稲の方もすくすくと日々成長し田植え時からは背丈が1.5倍くらいになりました。毎年の事ですがこれからの成長が楽しみです。

農繁期レポート 2013年8月号[PDF:186KB]

8月は長雨が続きましたがお米は順調に育ちました。9月に入って稲刈り作業を順次進めております。11月から美味しいお米が届けられますのでお待ちくださいませ。

農繁期レポート 2013年7月号[PDF:183KB]

中干しを7月13日で終え、田んぼに水を張りました。幼すい形成期に入り、順調な生育です。8月の初めには穂が出始めると思います。初期の除草作業がうまくいったので中期の除草剤は使用しませんでした。これから1か月半、食味を上がるために水の管理を徹底します。

農繁期レポート 2013年4月~5月号[PDF:192KB]

収穫にあわせて肥料がきれるように肥料の量と育成日数を緻密に計算して、今年から田植えの時期を周囲と比べて遅くしました。稲にとって多すぎず少なすぎずの肥料が美味しいお米ができるそうです。1年に1度、毎年春が勝負です!

実績紹介

エースファーム

名称 エースファーム
水田面積 15.5アール(469坪)
お米詳細 特別栽培 コシヒカリ
ブランド 米風土(海)
住所 鳥取県日野郡日南町茶屋 ソリダシモ3521-1
保証玄米 698kg
CO2削減 1,550kg

QUEEN EYES FARM

名称 QUEEN EYES FARM
水田面積 18.7アール(約566坪)
お米詳細 特別栽培 コシヒカリ
ブランド 米風土(海)
住所 鳥取県日野郡日南町茶屋 ソリダシモ3521-1
保証玄米 842kg
CO2削減 1,870kg

お問い合わせ

製品・サービスに関するお問い合わせはフォームにて承ります。

お問い合わせ